格安で引越しができる|新しい扉を開くために

トラック

業者選びが大事

男性

引っ越し業者を東京都内で探すときは、サービス内容やプランの料金などをよく比較して時間をかけて慎重に選ぶようにしましょう。引っ越し当日に時間指定をしなければ、料金をさらに安くすることができるようになります。

もっと見る

安く引っ越しをするには

電卓とダンボール

ピーク時を避ける

春休みのシーズンと、9月後半からかけて10月の時期は引越し業者が大忙しの時期です。そのため引越し料金も閑散期と比べると高めになるのです。大忙しなのになぜ、料金が高くなってしまうのか、それは依頼が多いと作業人員を確保しなければならないからです。そのため、アルバイトを雇うので人件費がかかってしまうのです。また、トラックが足りない場合に運送業者から借りるなどするため費用もかかります。そのため、日程がずらせる方は、ピーク時を避けて引越しを依頼するだけでも料金を格安にすることができます。また、午前中より午後の時間帯のほうが空いていることが多いので、安くできるポイントです。また引越し業者によって見積もりで出す額が違うので、複数の業者から見積もりをもらうことです。

業者を使わないで作業

激安で格安な費用で引越しをするには、業者を使わないで自分で荷物の梱包から搬送、搬送はレンタカーでトラックを借りてくる、友人や後輩などを手伝わせるなどすれば格安な料金で済ませることができます。しかし、注意点があります。転居先がマンション等の場合、共有部分がありますので家具を運んでいる途中に壁にぶつけてしまったりしたら弁償をすることになります。エレベーターを破損させてしまったら膨大な費用となります。それだけでなく手伝ってもらった友人にお礼で奢ることを考えなければならないです。業者であれば、もし運搬中に万が一のことがあったとしても保険が適用されますので、安心です。自分での引越しは格安ですがリスクが高くなります。

安くするコツ

電卓を持つ人

引越し料金を少しでも安く抑えたいのであれば、荷物を減らしたり引越しする日を平日にずらしたりして様々な工夫をしてみましょう。不用品はそのまま捨てずに、リサイクルショップに買取してもらうようにしましょう。

もっと見る

必要出費を見極める

女の人

引越しは自分ですれば費用は抑えられます。単身者や荷物が少ない人は、大きい家具だけ業者に依頼するなどして費用を節約しましょう。業者に全てを任せる人は、見積もりが肝心です。相場を把握しておくことや、正しい荷物の量を分かってもらうように部屋を片付けておくことをおすすめします。

もっと見る